空飛ぶクジラの隠れ家

写真とモノ書きが趣味のカワウソ系女子が書く徒然ブログ。Twitter/Instagramもアカウントあります⇨「麗」で検索

かの有名な縁結びの神社に行ってきた。

月曜日の皆様、こんばんは。

今年でまぁまぁ結婚適齢期に入る筆者です。

 

好きなことを仕事にして、

好きなように生きているので

ほんまに好きな人ができるまでいいっか〜

とか思っていて、呑気なものです。笑

 

で、話変わって

 

筆者は、寺社仏閣をはじめとする

建造物が大好きなんですね。

(あ、もちろん御朱印も集めてます!笑)

 

今回は、夏季の長期休暇を利用して

島根に行ってきました。

 

島根といえば、

出雲大社(いずもおおやしろ)。

↑確か、読み方はこうなはず

 

が有名ですが、今回は

女性は一度はやってみたい占いであろう

鏡の池占い(↓これ)で有名な

f:id:eu5h1ra08:20170911231128j:image

八重垣神社に行ってきました。

f:id:eu5h1ra08:20170911231402j:image

 

とっても趣ある建物でめっちゃよかったです。

占いの結果も、良好でした。

(鏡の池のイモリさんにも出会えました)

 

両親のように、本当に好きな人に会って

その人とずっと幸せに居れるような恋が

できたらいいなと思います。

 

あ、そうそう。

ついでに、松江城にもいってきました。

f:id:eu5h1ra08:20170911231955j:image

 

なんとなんと!

これで、現存する天守を持つ国宝のお城は

全国制覇しましたー!!

(ちょっと自分でも驚きましたww)

f:id:eu5h1ra08:20170911232104j:image 

 

30度を超える日でしたが、

天守は風通しがよくて、最高に涼しかった♪

f:id:eu5h1ra08:20170911232159j:image

 

建造物ってロマンですね。

もっと写真も上手くなって、

皆さんにこの魅力をお伝えしていきたいな。

 

ほな今日はこのへんで。

さぁ、次はどこに行こう?

 

7月最初の参戦ホームゲームは大逆転勝利

あ、日曜日の皆さん

こんにちは。麗です。

 

ちょっと前の話になりますが

7/26に神宮に野球を見にいってきました!

f:id:eu5h1ra08:20170730222941j:image

 

18時の定時ちょうどに退社して

18時30分に神宮へ!

着いたら2回表の中日の攻撃中でした。

 

内野席で観戦!(※観戦は基本内野席です)

前職の会社の先輩(ロッテファン)と

定期的にお互いのチームの試合を

観に行っています笑

 f:id:eu5h1ra08:20170730222954j:image

 

ビールが得意ではないので

チューハイで一杯!笑

 

普段は一眼を持っているので

手拍子まではできないけど

この日はつば九郎の傘ももって準備万端!

 

東京音頭も歌ったし、傘も回したし

今年初めての花火も見たし

(今年初が球場っていうのも悲しいねw)

f:id:eu5h1ra08:20170730223625j:image

 

つば九郎にもドアラにも会えたし

何より延長の末のサヨナラホームランなんて

仕事に疲れた心に最高でした!

 

しかもサヨナラを打ったのが

大松選手(元ロッテ)で、先輩も大興奮!笑

ハラハラドキドキの展開で

野球の試合としても面白かった!

隣の席も女の子2人で来ていて

10点差を追いついた時には喜びあいました♪

 

そして、

さすが都心が本拠地のホームゲーム笑

試合終了が22:00を過ぎても

ファンは応援し続けてますよ!!

 

シーズンも後半戦ですが

最後まで頑張りましょうー!

 

小さな幸せ

f:id:eu5h1ra08:20170721011051j:image

 

いつもよりちょっとだけ早起きして

朝の時間をゆっくり過ごす

ぼーっとした後、はっ!と時計を見ると

まだこんな時間か。と安堵する

この贅沢な時間をなんと呼ぼう

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

※写真・詞の無断転載はご遠慮ください。

転載の際は、必ず出典元を明記の上、ご掲載ください。

※写真の個人の私的使用はOKです。

ぺろっとコメントなど頂けると著者が大変喜びます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

夏って

本日はおやすみなので、日中から更新☆

それではどうぞ〜

 

▼▼▼

 

f:id:eu5h1ra08:20170717101657j:image

 

夏ってどんな感じだったっけ?

毎年季節は巡っているのに

同じ夏は二度とこない。

 

「あぁ、夏がきたね」

その言葉で、季節としての

夏を思い出している気がするね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

※写真・詞の無断転載はご遠慮ください。

転載の際は、必ず出典元を明記の上、ご掲載ください。

※写真の個人の私的使用はOKです。

ぺろっとコメントなど頂けると著者が大変喜びます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

やってみてわかったけど、なんだかんだやっぱり雰囲気って大事(笑)

こんばんは。

いや〜、暑いですね。ほんまに。

溶けますね。いや、もう若干溶けてますねw

 

7月も半ばになり、夏本番を迎えた今、

皆さんは夏を満喫してはりますか?

 

著者は、年がら年中(もはや趣味のように)

仕事をしているため、もう全然です。

 

夏休みも8月後半に平日3日間ほど

休みをもらう予定なだけで

あとはバリバリ仕事です。笑

 

仕事は大好きなので、全然いいんですけど

結構忙しい感じなので

日頃から夏を満喫するのが難しくて…

でも、四季は大切にしたいんですよね!

 

やから今日は、

「仕事場やけど、いや、むしろ仕事場やからこそ

夏っぽいことしようぜ」という本人内企画により

昼ごはんタイムに実行してみました!

 

その名も

『夏っぽいものを食べよう』

 

ということで、

夏ならではの食べ物といえば…

【焼きそば】と【かき氷】!(え!?笑)

昼休みに近くのコンビニに行って買ってきましたよ。

 

ペヤングとかき氷(風?)アイスを。

ペヤング⇨皆さんご存知かと思うので写真は割愛

※一番大きいサイズを食べましたw(著者は結構大食い)

■かき氷風アイス⇨森永 れん乳氷

 

そもそもペヤングを今まで24年の人生の中で

初めて食べましたね。笑

 

香りとか氷の冷たさとか

「うんうん♪」って感じで、テンションUP!

いやー、美味しかったですね。普通に。

 

でも…夏を感じることはできませんでした。

そりゃそうですよね。だって…

食べている場所が会社の休憩スペースなんだから(笑)

 

やっぱり、夏祭りとか海とかプール帰りとかの

あの雰囲気って大切!!!!

やってみて気がついたけど!!!←笑

 

もっと「夏っぽいことしたい」ってなってしもたわw

ただの逆効果wwww

 

ちゃんとそれぞれの季節にあった楽しみを

それぞれの季節にちゃんとやるべきなんですね。

 

さ、せっかく夏っぽいことしたい欲が

これをきっかけに高まったので

花火とか海・川とか夏祭りとかに

ちょっとふらっと出かけてみようと思います。

 

夏らしいことは、

夏の雰囲気の中でやるからこそ

最高に楽しいんですね。笑

 

これはきっとどんな季節でもそう。

その季節はその季節の

「最高に楽しいこと」があって、

それはその季節の雰囲気の中でしか

楽しくないんですよ。

 

夏をはじめ、「季節を満喫する」って

きっとこういうことなんですよね。

 

さぁ、今年の夏ははじまったばかり。

でもきっとあっという間に終わりがくる。

 

「今年は夏を満喫したわ〜」って思えるように

どんどん夏に飛び込んでみようかな。

 

ほなまたこのへんで。

おおきにでした。

まだ見ぬ景色

f:id:eu5h1ra08:20170711235211j:image

 

あの夕日の向こうは

どんな景色だろう

心静かに夜を待つ

静寂な夜が明けるそのときに

自分が生きているかどうかは

誰も保証できない

もし幸運にも

朝日に出会うことができたなら

その日を精一杯生きていこう

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

※写真・詞の無断転載はご遠慮ください。

転載の際は、必ず出典元を明記の上、ご掲載ください。

※写真の個人の私的使用はOKです。

ぺろっとコメントなど頂けると著者が大変喜びます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

どこかに

お久しぶりです。

ここ数日更新できていなかったので

今日は日中から更新です!

 

▼それではどうぞ

 

f:id:eu5h1ra08:20170710141903j:image

 

子どもの頃は

行く道行く道が未知の世界だった

いつからだろう

目的だけのために歩くようになったのは

いつからだろう

“冒険”という贅沢な時間を

まったく持てなくなったのは

今年の夏は贅沢に冒険しよう

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

※写真・詞の無断転載はご遠慮ください。

転載の際は、必ず出典元を明記の上、ご掲載ください。

※写真の個人の私的使用はOKです。

ぺろっとコメントなど頂けると著者が大変喜びます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー